Thunderbird(サンダーバード)のメールアドレス設定方法

この記事は約3分で読めます。



Thunderbirdにメールアドレスを設定する

サンダーバードをインストールしたら次に自分のメールアドレスを設定しましょう。
ここでいうメールアドレスとは、「@yahoo.co.jp」や「@gmail.com」の様なクラウド型のフリーメールや、自分で取得したドメインのメールアドレス(「@kaisha.blue」など)や、プロバイダから提供されているメールアドレス(「@nifty.com」や「@so-net.ne.jp」など)のことをいいます。



メールアドレスの設定を行う


1.サンダーバードを起動する

サンダーバードメール

初めて起動した際には、この様な問いかけがありますので、Thunderbirdを主なニュースクライアントソフトとして使用する場合は「ニュース」にチェックを入れてください。
「Windows Searchによるメッセージの検索を許可する」をチェックすると、Windows searchから受信済みメールなどを検索できるようになります。(通常は必要なし)






2.メールアカウントを設定するをクリック

サンダーバードメール






3.メールアカウント情報を入力して、「続ける」をクリック

サンダーバードメール

あなたのお名前
メールを送った際に、相手に表示される名前
メールアドレス
実際に設定をしたいメールアドレス
パスワード
メールアカウントごとに決められているパスワード。独自ドメインの場合は基本的には自分で決めていて、プロバイダメールなどは変更してなければ契約書に記載されているケースが多いです。





5.独自ドメインの場合は「手動設定」をクリック

サンダーバードメール

プロバイダメールなどの場合は自動でメールサーバー情報が見つかりますが、独自ドメインの場合は見つかりません。
その場合「手動設定」をクリックして次に進みましょう。






6.メールアカウントを設定するをクリック

サンダーバードメール

受信サーバ
プロバイダやレンタルサーバー会社指定のメール受信サーバー。「IMAP」は受信サーバーを毎回見にいく形式で「pop3」は自分のPCにメールをダウンロードする。
送信サーバ
プロバイダやレンタルサーバー会社指定のメール送信サーバー。
ポート番号
プロバイダやレンタルサーバー会社指定のポート番号を指定。
認証方式
プロバイダやレンタルサーバー会社指定の認証形式を指定。
ユーザ名
プロバイダやレンタルサーバー会社指定のユーザ名を指定。

全て入力が終了したら「(再)テスト」をクリックしましょう。
「次のアカウント設定が、指定されたサーバをしらべることにより見つかりました。」と画面に表示されれば完了です。
※ポート番号やSSL、認証方式の設定が良くわからない場合は、「自動検出」にしておきましょう。






7.メールの送受信テストを行う。「作成」をクリックしてメール送信画面へ

サンダーバードメール

メールアドレスの設定が終了したら、自分から自分にメールを送り、送信及び受信のテストを行いましょう。
メールサーバーの送信方法と受信方法は違うので、設定が間違っていれば、送信はできるのに、受信はできないなんてこともあります。






8.自分のアドレスを入力して「送信」をクリック

サンダーバードメール






9.送信が完了したら「受信」をクリックして今送ったメールを受信する

※少し待てば自動で受信されますが、すぐに確認したいのでここでは手動で受信ボタンを押しましょう。

サンダーバードメール






10.メールが受信されたら「受信トレイ」を開く

サンダーバードメール






11.先ほど送ったメールが届いていればテスト成功

サンダーバードメール



merumaga

このページの先頭へ