Thunderbird(サンダーバード)のフォルダ自動振り分けを設定する

この記事は約2分で読めます。



メールの整理整頓にフォルダ振り分け設定は非常に重要

プライベートでの使用ならともかく、業務としてメールを使用する場合は、数多くの取引先などとメールのやり取りを行うはずです。
それらを同じ受信ボックスで全て受信してしまうと、すぐにごちゃごちゃになってしまいます。
整理整頓はビジネスの生産性に大きく関わってきますので、フォルダ振り分け設定は必ず行っておきましょう。


まずは、振り分けするフォルダを作成する


1.「受信トレイ」を右クリックし、「新しいフォルダ」を選択

サンダーバードメール

自動振り分けをしたいアカウントの受信トレイを右クリックして、新しいフォルダを選択しましょう。




2.フォルダを作成

サンダーバードメール

作成するフォルダの名前を決めて「フォルダを作成」ボタンをクリックします。
この際の、作成先が振り分けしたいアカウントの受信トレイになっていることを再度確認しましょう。




3.フォルダが作成されたことを確認

サンダーバードメール

フォルダの作成に成功するとこのように受信トレイのツリー下に先ほど決めた名前のフォルダができあがります。
フォルダは上記の様にいくつも作成することができます。
また、親子関係でフォルダを増やしていくこともできます。(会社ブルー商事様を親にして、その子に支店を複数作成など)






実際にフォルダの振り分け設定を行う


1.振り分け設定を行うフォルダを選択して「メッセージフィルタ」を選択

サンダーバードメール

右上の設定アイコンからメッセージフィルタを選択しましょう。




2.「メッセージフィルタ」を新規作成する

サンダーバードメール

対象アカウントとフィルタを使用するフォルダに間違いないことを確認して、「新規」ボタンを押しましょう。




3.フィルタの条件を決める

サンダーバードメール

上段のフィルタ名は好きなものを入れましょう。
中段が条件入力欄です。上記の例では、差出人に「@kaisha.blue」を含むもの全てが条件になります。
下段は条件に当てはまった場合の処理です。上記の例では、先ほど作った「会社ブルー商事様」フォルダにメッセージを移動するということを設定してます。

条件の決定が終了したら、OKボタンを押しましょう。




4.フィルタの条件は複数設定できる

サンダーバードメール

フィルタの条件は複数設定ができ、上記の例では3種類の条件を設定していることになります。
条件を増やす際は「+」ボタンで追加できます。

merumaga

このページの先頭へ