ネット販売の仕入れ先オススメの場所はこんな所だった!

この記事は約6分で読めます。



せどりで稼ぐためのオススメ店舗を紹介

仕入れができる店を探す

ネット販売を始めるには仕入先が必要になってきます。

仕入れには大きくふたつに分けて「店舗仕入れ」と「電脳仕入れ」があります。

今回は「店舗仕入れ」についてオススメの場所を紹介していきたいと思います。

まず、多くの人がおこなっているのは店舗仕入れだと思います。
個人でネット販売を始めた場合、ほとんどの人が企業のような仕入先はないわけですから実店舗で仕入れを開始することがほとんどだと思います。

その中でまず理解してほしいのは仕入れができる店と出来ない店ははっきりしているということです。

どんなに熟練された経験豊富なせどらーでも仕入れができない店に行けばボウズということもあります。
逆に経験がない初心者でも仕入れができる店に行けば簡単に仕入ができてしまいます。

要は仕入れができる店を増やしていくことが大切です。

仕入れが出来ない店に通い続けてもそれは時間の無駄になってしまいます。

仕入れができる店を増やしていくには毎回仕入れの記録をメモやノートに記録していくことが大切です。そうすると仕入れが出来る店と出来ない店がはっきりしていることが分かってくると思います。仕入れが出来ない店には頻繁に行かず仕入れが出来る店や新規開拓の時間に充てましょう。

 

家電量販店

仕入れやすい店舗を見つけるなんて当たり前だろ!という声が聞こえてきそうなのでもう少し具体的に紹介していきたいと思います。

家電量販店

仕入先のひとつとして大型家電量販店があります。

ヨドバシカメラやヤマダ電機、ビックカメラ、コジマ電気などが有名ですね。
そんな家電量販店でもやはり仕入れやすいお店と仕入れにくいお店が存在します。

そんな家電量販店でオススメなのはずばり大型の集約店舗と呼ばれるお店です。

買い物客が多い大型家電量販店にはそれだけ商品が集まります。

特に集約店舗と呼ばれるお店には全国から在庫処分品や展示品が多く集まり格安で販売されています。

それともうひとつはアウトレットを取り扱っている家電量販店です。

ヤマダ電機やビックカメラはアウトレット館が存在します。
コジマ電気もアウトレット商品を多く取り扱っています。

アウトレット商品といっても何も欠陥品や傷物だけではありません。

もちろんそのような商品を安価で購入し、中古品として販売することもできますが、何よりも魅力的なのは廃盤商品や在庫処分の新品商品が格安で販売されていることです。

しかも一点物ではなくたくさんの在庫が存在しているので利益の出る商品を大量に購入することができます。

集約店舗がどこなのか分からないという方お店の店員さんに聞けば教えてくれます。電話などでも簡単に問い合わせができますので是非確認してみてください。

 

ショッピングセンター

イオンや西友、イトーヨーカドーなども仕入れ対象としてオススメです。

ショッピングセンターではおもちゃやホームアンドキッチンの商品を多く仕入れることが可能です。

そしてどのお店にも毎月○日は○%OFFなどという日がありますので、その日を狙って仕入れにいきます。

仮に5%OFFの日であればトントンの商品を見つけてもそれだけで利益率5%が確定です。
どこのショッピングセンターがいつイベントを実施するのかをあらかじめ把握しておくことが必要です。

イオンは毎月20日と30日がお客様感謝デーで5%OFFです。
イオン系列のクレジットカードかWAONでの支払いが必要になります。

西友は毎月5日と20日がウォルマートカードかセゾンカードの利用で5%OFFになります。

イトーヨーカドーは毎月8のつく日がハッピーデイです。
8日、18日、28日は一部商品を除き5%OFFになります。
セブンカードかアイワイカード、セブンカード・プラスの使用か提示での現金払いが必要です。

上記で紹介した日以外にもイベントを実施していることがあります。お店のホームページなどで確認することが可能です。

 

ホームセンター

ホームセンターも仕入れ対象店舗として適しています。

ホームセンター

特にこのお店がオススメというものはありませんが、地域によって様々なホームセンターがあると思います。
ホームセンターの値付けは意外と甘いものが多く、なんでこの商品がこんな価格でというのもがけっこうあります。

3割引、5割引きは当たり前で、なかには8割引なんていう商品まであります。
ワゴン商品なども投売りされていることが多いです。

また、店員さんのせどらーに対する警戒心が薄いため、利益商品を50個や100個取り寄せしたり永続的に購入することが安易にできます。

うまく店員さんに交渉すればバックヤードを覗かせてくれるお店もあります。

得にその地域にしかないホームセンターはライバルが少なく自分だけの縄張りにすることができます。ホームセンターを制する者は仕入れを制するかもしれません。

 

リサイクルショップ

仕入れ店舗として最近注目を集めているのがリサイクルショップです。
セカンドストリートやハードオフなどが代表的でしょうか。

その他にも地域ごとに様々なリサイクルショップが存在します。

そんなリサイクルショップで仕入れをおこなう際に注目するのは新品未開封の商品です。

リサイクルショップは中古品しか販売していないイメージがありますが、新品未開封の商品も取り扱っています。

中古品とは違い、ショーケースなどに保管されていることが多いです。

数はそんなに多くないため、リサイクルショップに仕入れに行く際は新品未開封の商品だけをリサーチするのもひとつの手法です。

リサイクルショップで新品未開封の商品を仕入れる際の注意点として、稀に開封品が混ざっていることがあります。見た感じで開封されていそうな場合は店員さんに確認が必要です。たまに店員さんも把握できていない商品がありますのでその場合は自己判断になりますので注意が必要です。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ