せどりの税金で扶養から外れるのか?確定申告の必要性と売上利益金額

この記事は約3分で読めます。



せどりなどの物販ビジネスを行っていて心配になるのが税金について。

特に学生さんなど親の扶養に入っている人の中には、稼ぎすぎて扶養から外れてしまうのでは?と思っている人も少なくないはず。

当然、主婦の方でいうと夫の扶養から外れるかが心配ですね…

今回は、そんな せどりと税金、扶養の関係についてお話ししようと思います。




せどりをビジネスとして行っているのか?

まず、はじめにせどり(物販ビジネス)をビジネスとして行っているのか?が税金を語る上で外せない要素となります。

例えば、アマゾンやヤフオクで販売しているが、それらの商品が全て元々自分が使用していた不用品の場合、これは当然ビジネスではありません。

単純に近くのブックオフやゲオに売りに行くのと同じ感覚です。

また、利益の面から言ってもよほどのプレミアものでなければ、不用品を販売する場合、買った時の金額より安く売るはずです。

そもそも、不用品販売をせどりと呼んでよいのかは別として、この様な不用品販売の為にアマゾンやヤフオクを利用してもビジネスではないので税金を納める必要はありません。

つまり、確定申告も必要なく扶養から外れたりの心配もありません。




どこからがせどりビジネスとして扱われるのか?

それなら、実際にせどりをやっている人でも、不用品販売をしているだけ!と言えば良いのでは?と思った人もいることでしょう。

しかし、それは当然 脱税というやつです…

調査が入るか入らないかなどの不正行為関連は置いといて、法律的には物を安く仕入れて高く売るという行為を行った時点でビジネスを行っていると認められます。

つまり、不用品販売に加えて、1度でも家電店などで仕入れた物をアマゾンで販売したらそれは既に個人事業スタートを意味します。

では、個人事業をスタートしたらすぐに確定申告が必要で、さらに親の扶養から外れるのか?というとそうではありません。

確定申告のルールには、年間20万円までの利益であれば特に申告の必要はないですよというのがあります。
※細かく言うとちょっと違うのですが、今回は割愛させて頂きます。

つまり、せどりを片手間で行っていても年間で20万円以上の利益がなければ確定申告を行う必要はありません。

逆に、年間で20万円以上の利益がある場合は確定申告をし税金を納める必要があります。

しかし、実際のところ確定申告において、所得控除がある為、年間で103万を超えなければ所得税は発生しません。




せどりの利益と税金や扶養の関係

■38万円
1年間の利益が38万円を超えたら、扶養者が年末調整で配偶者控除を受けられない。

■76万円
しかし、38万円超えでも、76万円までは配偶者特別控除があり、実質あまり負担は変わらない。
※夫の年収が1000万を超えていると、配偶者特別控除は受けられない。

■103万円
パートやアルバイトをしていて給料をもらっている場合は、65万円の給与所得控除がある。
しかし、せどりやアフィリエイトなどの自営業利益には、給与所得控除は適用されない。
※両方行っている場合は、アルバイトの給料+アフィリエイト収入が103万円以内であれば、配偶者控除がいきる。

■130万円
年収が130万円を超えると、社会保険の扶養から外れる。
この時点で、自分自身で国民保健に加入しなければいけない。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ