サラリーマンが仕事にやりがいを感じるとき「Best5」

この記事は約5分で読めます。



あなたは、今の仕事にやりがいを持ててますか?

やりがいを持てていないあなたは会社自体や職種が自身にあっていない可能性があります。

しかしながら、そもそも やりがいというものは、考え方(捉え方)によってその感じ方が変動するものです。
今の仕事に愛想をつかす前に、まずはあなた自身の考え方を見つめ直してみましょう。

ここでは、求人サイトマンモスがサラリーマン1000人行った「仕事にやりがいを感じるとき」の調査結果を記載します。
人の考えを理解することにより自分自身の考え方を見つめ直す良いきっかけになることは多々あります。

是非、読んでみて下さいね。

 

1位 : お客様に喜んで頂けたとき

 
お客様に喜んでもらえたとき

堂々の1位は、お客様(顧客)に喜んで頂けたとき。
やはり、サービスや物など何かを提供して相手に喜んで頂けたときほどうれしい時はないですね。

逆に言うと、お客様が喜んでくれても何も感じない場合、あなたはもう既に末期の「かいしゃぶる~」の可能性があります。
当サイトを上手く利用して、「かいしゃぶる~」を撃退して下さいね。

また、お客様と直接接しない職業の人には、お客様の感謝の声が普段届いていない可能性があります。

例えば、製造業のエンジニアや、IT関連のプログラマー、飲食店のキッチンなどがそれにあたります。

そんな時は、是非 営業担当者など直接お客様と触れ合う同僚からお客様の声を聞いてみましょう。
自分が作ったものがどの様にお客様に思われているかを理解する事でよりお客様との距離が近づきますし、
感謝の声など聞いたときには心から嬉しくなるはずです。

他にも、企業によってはアンケートやWebページなどを通じてお客様の声を収集している場合もあります。

その様なデータが社内開示されている場合は、内勤でも、積極的に閲覧する様にしましょう。

 

2位 : 目標達成したとき

 
目標を達成したとき

あなたも経験があると思いますが、人は目標を達成した時なんとも言えない嬉しさを感じます。

これは仕事だけでなく、何においてもそうです。
もちろん、その目標の大きさにより達成感の高低も決まります。

例えば、半年間思い続けた異性に告白して成功した時などは、
もう死んでも良いと思えるほど最高の達成感を味わうでしょう。

初めてのフルマラソンを走り切った時も中々の達成感かもしれません。

ダイエットに成功して目標体重をクリアしたとき
ずっと勉強していた資格試験に合格したとき

なども同じでしょう。

人は、知らず知らずのうちに、自分自身の中に目標をたてているものです。

「こんな資格持てたらいいな~」
「交渉が上手になれたらいいな~」
「苦手なExcelを極めたいな~」
「大勢の場で緊張せずに話せたらいいな~」

その内に秘めた目標を、しっかりと外に明示し、達成に向かって攻めましょう。
もし、あなたが今現在 目標をしっかりと明示出来ていないならなおさらです。

目標は、外に明示する事によって、その達成確率が5倍以上になると言われています。
また、仮に達成した場合の達成感も同じく数倍になると言われています。

 

3位 : 給料が上がったとき

 
給料が上がったとき

給与が上がってやりがいを感じない人は基本的にいないと思います。

もらえるお金が増えたこともそうですが、会社から認められたことが何よりも嬉しく感じますね。

人は、常に誰かに褒められたい認められたいと心の中で感じているものです。
褒められたり認められたときにはこの上ない喜びを味わう事でしょう。

しかしながら、この様な意見も最近良く耳にします。
「給料は上がったけど、全員一律だし、自分が認められたわけではないよ…」

こんなことを考えてしまっているあなたには是非、上司に直接自分の評価を聞いてみることをお勧めします。

「今回の昇給ありがとうございました。私の良かったところと今後の課題を教えてもらえますか?」

こういうだけで良いでしょう。

きっと、何も聞かずに過ごすより良い結果が得られることでしょう。

 

4位 : 責任ある立場を任されたとき

 
責任ある立場を任された

「立場が人を変える」とよく言いますが、本当にその通りだと思います。

アルバイトでも、アルバイトリーダーとしての立場をもらった途端に人が変わったなんて話も良く耳にします。

会社は、一人一人が良い方向に進めるよう、その時々に応じた人事配置を組もうとしてくれます。

しかしながら、従業員が増えてきたり、経営に問題を抱えていたりすると、
会社はあなたの事を詳細まで見れていないかも知れません。

それにより、あなたがいつまでも同じ職種を任されており、モチベーションが下がり気味かもしれません。

そんな時は是非、自ら声を挙げましょう。

「私は、○○の理由で△△の仕事をさせて頂きたいと思ってます。是非、ご検討お願いいたします。」

そう言いましょう。

あなたが、本気でそう言えるくらい仕事を頑張っており、会社に貢献している自負があれば、
きっと会社はあなたの声に耳を傾けてくれるはずです。

 

5位 : その他

 
その他のやりがい

最後に…

もしあなたが今現在、仕事に対してやりがいを無くしてしまっているのなら、
是非、この様に考えてみてください。

「何が起きれば自分自身はやりがいを感じれるか?」

そして、逆説から自身のやるべきことを導いてみて下さい。

もし、上司に褒められたらやりがいを持てると感じるのなら、
上司にどうやったら褒められるかを考えると良いです。

上司が気配りを大事にしているのなら、気配り心配りを徹底的に行いましょう。
上司が業務対応スピードを大事にしているのなら、全ての業務を迅速にこなしましょう。

きっと、あなたの望む結果が得られるはずです。

merumaga

このページの先頭へ