【ネット物販王道ステップ はじめに】最速で稼げる物販ビジネス | Amazon転売はネット物販ビジネスの代名詞

この記事は約9分で読めます。



ネットビジネス初心者におススメ物販ビジネス

ネットビジネス初心者に一番お勧めなのが「物販ビジネス」です。
特に、サラリーマンの様に人から雇われてしか今までに働いたことがない人にはなおさらです。

自分で稼ぐ力を身につけるには、まず商売の基本を知るところからはじめる必要があります。

その商売の基本が最も理解できるのが、この物販ビジネスです。

そもそも、商売とはなんでしょうか?

それは、事業主であるあなたがお客様にサービスや商品を提供しその対価を得ることです。

物販ビジネスでは、それがとても分かり易く体験できます。

物販ビジネスの基本的な流れ
①仕入れ → ②販売 → ③発送 → ④評価 → ⑤売上管理

ここで一つ質問です。

「あなたは、今までに自分の力で稼いだことがありますか?」

ここで言う自分の力とはサラリーマンやアルバイトの様な雇われではなく、自分自身で何かしらの価値を生み出しそれを顧客に届けその対価をもらったことがあるかということです。

例えば

・バイオリンが得意でカフェで演奏することによって1時間5000円の対価をもらった
・似顔絵を描いて1枚1000円の対価をもらった

などです。

しかしながら、この記事を読んでいるほとんどの人の回答が「いいえ」ではないかと思います。
また、仮に上記の様な経験があったとしても数回程度で、継続的に稼いだことはないのではないでしょうか。

自分自身で稼いだこと(商売したこと)がない人にとって、商売とは非常に見えずらいものであり、いざ自分がやりたいと思っても何をしていいのか分らないものです。

そこで、物販ビジネスの出番なのです。

物販ビジネスを通して、商売の基本をしっかりと学びあなたのビジネスパーソンとしての能力を向上させましょう。




サラリーマンであっても商売感覚は高めるべき

このコンテンツは、物販ビジネスを通して商売人としての能力を向上させ、最終的には自分で稼ぐ力を身につけようというものです。

・俺はサラリーマンだから関係ないや!
・私はお金もうけには興味がないからどうでもいいわ!

いえ、そうではありません。

そもそも、商売の能力向上はビジネスパーソンであれば誰しもが行わなければならないことであって、起業家であろうが、サラリーマンであろうが関係ありません。

サラリーマンのあなたが勤めている会社では当然何かの商売を行って利益を得ているでしょうし、その利益からあなたの給料が出ているのだから、あなた自身が会社の利益増加の為に努力してしかるべきです。

少子化が進み企業競争が激化していくこれからの時代において、商売感覚のないビジネスパーソンはますます会社にとっては必要がない存在となっていくでしょう。




物販ビジネスは再現性と収益化の即効性が高い

物販ビジネスは商売の基本を理解しやすいのに加えて、その再現性と即効性の高さでもおススメができます。

再現性が高いとは、しょぱぞうがこれからお伝えしていく知識やノウハウをあなたがそのまま実践した際に、しょぱぞうと同じような結果が出やすいということです。

あなたがビジネスを学んで実行するときに、当然ながら結果が出る確率が高ければ高いビジネスほど好ましいでしょう。

また、収益化の即効性が高いというのは、実際に結果を出す(お金を稼ぐ)までの期間が短いということです。

これからビジネスを始めようとする人にとって少しでも早く稼ぎたいのは共通の気持ちでしょうし、サラリーマンをしながらの副業などの場合は結果が出るまでに半年もかかるビジネスはきっと続きません。

その点、物販ビジネスは1ヶ月目からしっかりと目に見える形で結果が出やすいです。

実績

実際にしょぱぞうは、2013年9月のサラリーマン時代に副業としてこの物販ビジネスを始めて、初月で約10万円、1年後には100万円以上のお金を稼ぐことができました。
現在は、独立してコンスタントにサラリーマン以上の給与を稼ぎ続けており、様々なビジネスにチャレンジしてます。

画像は、日本国内アマゾンのみの売上実績です。
物販ビジネスでは、この他にヤフオク・ebay・海外アマゾンの売上があります。これらについては別の記事で詳しく紹介します。

なお、利益率は月度にもよりますが平均して日本国内アマゾンは20%-30%くらいを保っています。
※売上100万円の利益率25%で利益が25万円。




物販ビジネスには王道ステップが存在する

ここまでは、物販ビジネスがいかに良いかを説明してきましたが、ここからは具体的な部分の説明に移りましょう。

先にも述べた通り、物販ビジネスには大きく分けて、

①仕入れ → ②販売 → ③発送 → ④評価 → ⑤売上管理

の行程があります。

その中でも一番先に押さえておかないといけないのが「②販売」の部分です。
なぜならば、「販売=お金をもらう」であり、他の4つをいくら行ってもお金は発生しないからです。
(仕入れにより、マイナスは発生しますが)

一言に販売と言っても、その販路は一つではありません。
※販路=販売する方法

さらにいうと、このご時世において日本国内だけで販路を考えても駄目です。(いい感じの円安ですので、国内だけで販売するのは勿体ないです)

とはいえ、いきなり海外に物を売ると言っても、物販ビジネス未経験者からすると末恐ろしくて手も足もでないでしょう。

そこで、この物販ビジネスには「王道ステップ」が存在します。
※「王道ステップ」…しょぱぞうが自らの経験において自信を持っておススメするノウハウ実践順序


1.日本国内アマゾン(amazon.co.jp)

アマゾン

まずはじめに、日本アマゾンでの販売を行います。

日本アマゾンでの販売は、セラーとしての登録作業や出品の方法が最も簡単で、また他の販路に比べて極めて売れやすいという性質をもっています。

それ故に、ファーストステップとしてピッタリの性質をもっています。

王道ステップでは第一に、国内アマゾンで「物を売るということ」を体験してもらいます。


2.ヤフオク(旧:ヤフーオークション)

ヤフオク

次に実践してもらうのが、かの有名な「ヤフオク」です。
ヤフオクは、アマゾンよりも元々は有名で昔はヤフーオークションという名前でした。

しょぱぞうは、ずっと昔(2005年)にヤフオクにチャレンジしていくらかは稼いでいたのですが、サラリーマン生活にのまれていつの間にかやめてしまったという過去があります。

今思えば、あの時もっと真剣にやってれば…

…なんて言っても仕方ありませんね。
いつの時代だって同じような苦労がつきもの。
昔だったら稼ぎやすかったのに今は…なんてことはありません。

どの時代も稼ぐということは難しいことであり、しっかりノウハウを実践した人にとっては容易いことなのかも知れません。

さて、話を戻すと、王道ステップでは、日本国内アマゾンに続いてヤフオクを販路として物販を行います。

といっても、ここでは国内アマゾンからヤフオクへ移行という意味ではなく、国内アマゾンで売れない商品や、ヤフオクで売った方が高く売れる商品のみをヤフオクで販売していきます。


3.ebay(イーベイ)

ebay

ここからは、日本を出て海外の販路になります。

まずは、世界で最も有名なオークションサイトebayです。

一見、ebayはヤフオクと同じような扱いをされがちですが、その規模は全くもって違います。

ebayの顧客は世界を股にかけて存在し、さらに世界中のセレブ達がバイヤーとして存在します。

また、ヤフオクと同じ個人対個人のオークションという性質+通常のネットショップの様な性質ももちます。

一度、ファンがついてしまえば何度もリピートしてくれるお客様が多くなるのもebayの最大のメリットです。

国内はヤフオクよりアマゾンを優先しましたが、国外を攻略する際はアマゾンよりebayを先に覚えたほうが良いです。

特に、現在(2015年)の海外市場は、初心者が参入すると仮定した場合、海外アマゾンよりebayの方が稼ぎやすいです。


4.海外アマゾン(amazon.com)

アマゾン

アマゾンは世界何か国にもそのサイトを展開し、どんどんその範囲を広げていってます。

さらに、日本国内で販売するには、amazon.co.jpのアカウントが必要となるのですが、海外のアマゾンは全てamazon.comのアカウントでセラー活動が出来てしまいます。

海外アマゾンのサイトのUI(ユーザーインターフェイス)は、国内アマゾンと全く同じですので、国内アマゾン経験者なら入り易い販路です。

近年ずっと続いている円安の影響もあり、輸出はビジネスの中でなくてはならない存在になってきています。

王道ステップのラストステップとして、海外アマゾンにチャレンジします。




海外を販路にするにあたって英語力は必要?

よくこの質問は聞かれますので、ここで答えておきます。

海外物販において英語が必要かどうかについては、大手インフォプレナーによってもその答えにズレがあります。
※インフォプレナー…自らが稼いでおりノウハウなどを提供する人

そんな中、しょぱぞうも海外物販である程度 稼いでいる者としてその結論を出すのであれば、答えは「英語が出来たほうがよい」です。

ちなみにしょぱぞうは、海外勤務経験がある程度あるので英語が話せます。(と言っても超簡単な日常会話レベルですが…)

実際に、ebayなどをやっていると、お客様の問い合わせ、商品説明、クレーム対応など様々な場面で英語の必要性を感じます。

もちろん、英語が全くできなくてもGoogle翻訳やネット検索、友人への質問などで何とかなります。

しかし、「英語が出来たほうがよい」には変わりありません。

Google翻訳などの精度にはまだ限界がありますし、自分自身が良く分ってない状態でお客様と大量のやり取りをするのにはリスクがつきまといます。

もし、あなたが今後本格的に海外物販ビジネスを学んでいこうという気持ちがあるのなら、今のうちから少しずつでも英語に慣れていくのをおススメします。

英語に関しての記事はこちらからどうぞ

merumaga

このページの先頭へ