【ネット物販王道ステップ1-15】FBA出品禁止商品を送ってしまった場合の対処法

この記事は約3分で読めます。



アマゾンFBAに商品を納品したのに受領されない理由

アマゾンFBAには、出品禁止商品というものがあります。

アマゾンのコンディションガイドラインには下記の様な記載があります。

納品内容に禁止商品が含まれていないことを確認してください。

1.日本国内における各法律や基準を満たしていないもの

2.常温管理できない製品

3.食品(消費期限の有無にかかわらず食品全般)

4.食品を含む製品(食玩など)

5.食品以外で期限表示のあるもの(使用期限表示があるインクトナーカートリッジ・カメラフィルムなど)

6.動植物

7.危険物および化学薬品

8.販売にあたり関連省庁などへの届出や許可等が必要なもの

9.販売禁止商品またはプログラムポリシーで禁止される商品

10.リコールに該当する商品または日本で適法に販売、頒布することができない商品

11.ネオジウム磁石及び磁気が他商品に影響を及ぼす恐れのある強力磁石

特に、4.食品を含む製品(食玩など)は失敗しやすいので注意しましょう。

食玩は、カテゴリーもホビーにあることが多く、食品メインではない場合も多い為(フィギュアメインでラムネ一つ付きなど)、誤ってFBAに送ってしまうことも珍しくはないです。

しかしながら、如何なる場合においても上記に引っかかる商品はアマゾンには受領されませんので気をつけましょう。




納品処理を行う際に何の警告もでない場合は大丈夫なのか?

アマゾンはそこまで親切ではありません。全て自己責任の世界です。

アマゾンの考え方として、必要な情報は全てコンディションガイドラインに書いてあるので、それに違反した場合は如何なる場合においても、各出品者の自己責任ですよ!というものがある。

つまり、どんなミスが起きたとしてもコンディションガイドラインに記載されている以上は、出品者の責任なのです。

日本の企業であれば、いくら利用規約に細かく書かれていても、利用者が分かりにくいとクレームをあげれば企業側が降りることも良くあるが、世界でトップシェアを誇る外資最王手のアマゾンにそんな甘い考えは通用しません。

それをしっかりと理解した上でアマゾンでのEC展開を進めていきましょう。

上記の質問に戻りますが、出品時に警告でようが出まいが関係はなく、コンディションラインに違反する商品を納品すれば全て受領拒否されます。




受領拒否された商品はどうなるのか

しばらくするとアマゾンから返送のお知らせメールが届きます。

FBA出品禁止商品を納品していしまった場合、下記のような流れになります。

商品到着のお知らせ ▶︎ FBA受領開始のお知らせ ▶︎ 受領拒否の及び商品返送のお知らせ

FBA受領開始のお知らせから、商品返送のお知らせが来るまで約2日くらいかかります。

仮に2日待っても、在庫にも反映されずお知らせも届かない場合は、こちらからテクニカルサポートへ問い合わせしましょう。約12時間以内には返信がきます。

商品返送の場合は、着払いで配送業者や配送方法もアマゾンにゆだねるしかないので、はっきり言って大きく損をします。

しょぱぞうの経験上、最大で商品の返送までに1ヵ月弱かかったことがあります。

次に活かす貴重な経験に対する授業料と思い気持ちを切り替えていきましょう。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ポイント還元率が高いクレジットカードを作ろう
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ