【ネット物販王道ステップ3-5】eBayリサーチのツールはテラピーク | ebay輸出ビジネスの大まかな流れ(リサーチ編)

この記事は約4分で読めます。



ebayリサーチの流れ

ebayのアカウントを作成し、paypalのアカウントと作成・限度額解除を行ったらついにebay輸出ビジネスが始まります。

ebay輸出ビジネスといっても、国内アマゾンやヤフオクと同じで基本的な流れは同じ。

利益の出る商品をリサーチしそれを出品し、売れたら発送の流れです。

しかし、ebayのお客様は基本的に日本語の通じない外国人。

商品のリサーチや出品、発送作業全てに英語が欠かせません。

もちろん、英語が欠かせないと言っても外国の人と電話で話すわけではなくやり取りは全てメールです。

上手くgoogle翻訳などを活用し徐々に英語慣れをしていきましょう。

人は本当に不思議で、英語が分らなくても同じことを何度も何度も見ていたら、デザイン的にその事象を記憶できるようになってきます。

例えば、ebayのマイページは全て英語ですが、最初は全く分らずに本を片手に進んでいた作業が、1週間も経つと慣れてきてスムーズにマイページをすすむことができます。

英語自体を覚えるというより、アイコンの場所や形などを認識していくのでしょう。

海外旅行に行った際に何となく1週間後には慣れてきますよね。これと同じです。

従って、英語が出来なくてもebayビジネスに取り組むことは可能です。

※もちろん、英語が出来る人にアドバンテージがあるのは言うまでもありません。あなたにかなりの余力があるのであれば英語の勉強も一緒に初めて見るといいかもしれません。




具体的なebayリサーチの方法

ebayのリサーチについてですが大きく分けると3つに分類する事ができます。

①国内アマゾンの電脳せどりで体験した通常の全頭検査

基本的にはこのリサーチが全ての切り口になります。

詳しくは別の章で紹介しますが、リサーチツールにテラピークというものを使用していきます。

テラピークは非常に優秀なツールなのですが、コツをつかむまでは少し難しいかもしれません。

当サイトでは、効率的な使い方や裏技的なノウハウまで紹介してますので参考にしてみてください。



②優秀な日本人セラーを見つけるいわばセラーリサーチ

これはebayではじめてでてきた概念だと思います。

日本国内の市場においては、電脳せどりと店舗せどりが存在する為、他のセラーの出品商品を知ったところで、その仕入れ価格に大きな差があったりしてあまり参考になりません。

しかし、ebayや海外アマゾンなどの場合は基本的にほとんどのセラーの商品仕入れ先は電脳です。

もちろん、大きな会社クラスになると直接 卸し先と提携して格安で仕入れているケースもあるので一概には言えませんが、ほとんどがネット上のショップから買っていると思ってよいです。

つまり、海外輸出ビジネスの場合、他のセラーの出品している商品をリサーチするというのは大幅にリサーチ時間を節約することができるのです。

その為にもまずは優良なセラーを探す為のセラーリサーチに力を入れる必要があるというわけです。



③先ほど見つけた優良セラーの出品している商品を徹底的にリサーチ

まとめると、まずは利益の出る商品を普通に探す。

そして、それらの商品から優良なセラーを探し始める。

優良なセラーが見つかったら、そのセラーが出品している商品を徹底的に全頭し、その中から利益が出る商品を探す流れです。

なんだ!簡単そうじゃん!

と思ったあなたは恐らくこれまでネット物販王道ステップをしっかりやってきた人だと思います。

そう、ebayのリサーチは、国内アマゾンやヤフオクの電脳せどりよりかなり楽ですし商品も見つかり易いです。

じゃあ、なぜ皆やらないのか?

それにはちゃんとわけがあります。

ebayにおいては前章で紹介したリミットという壁があったり、サイトが英語ばかりだったり、ネット物販の初心者が取り組むには難しい問題が山積みです。

通貨も円とドルの混合で計算していかなければなりませんので、下手をすれば利益の出ない商品を出品してしまうケースだってありえます。

そんなこんなでebay輸出ビジネスに取り組もうとしたけど挫折していく人は国内転売の比ではない人数がいます。

それで結果的にライバルが少なく、リサーチも見つかり易いというわけです。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ポイント還元率が高いクレジットカードを作ろう
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ