amazonの代引き出品で自己発送者がトクする理由

この記事は約4分で読めます。



各運送業者の代引き対応状況

FBAを利用すればチェックを入れるだけで簡単に代引き対応となるが、個人出品の自己発送で代引きを導入するには最初に少なからず手間がかかる。

しかしながら、その手間を一度かければその後は通常の宅配と同じ様に利用できるので、是非早めに手間をかけておこう。

では、まず始めに代引きを今後利用していく業者の選定だ。この記事のタイトルにもあるように、今回は個人出品者であることを前提とする。

個人事業出品者や法人出品者の場合は当てはまらいので注意して欲しい。(こちらについては、別の記事で紹介する)

個人出品での代引き利用は、「郵便局」しか選択の余地無し

そう、業者の選定といっても、実はヤマト運輸や佐川急便など大手宅配便業者は個人での代引き利用を認めてないので、必然的に郵便局を利用することとなる。

具体的な導入の流れだが、手数料を気にしないのであれば、ただ郵便局の窓口にいけば受け付けてくれる。

しかしながら、せどりにおいては少しで経費を押さえないと赤字になってしまうことが多い為、それでは当然代引きを利用するメリットはなくなるのでまずは下記を見て欲しい。

【発送手数料】
代引き手数料一律 260円
【送金方法ごとの受取手数料】
普通為替 郵便で為替証書が届く 5万未満 430円
5万以上 650円
通常払込 専用の振替口座に入金 5万未満 130円
5万以上 340円
電信払込 総合口座へオンライン入金 5万未満 540円
5万以上 756円

郵便局代引き説明ページ

郵便局の代引きを利用するには、「送料」+「発送手数料」+「代金送金手数料」の3つがかかる。

送料は通常でもかかるものなのでここでは割愛する。

発送手数料というのは、代引き商品を発送する際に一律でかかる料金だ。

そして、手数料の差が出てくるのが代金送金手数料だ。

代引きとは、商品を配達員がお客様へ受け渡す際に代金を回収する仕組みなので、当然 郵便局側に一度商品の代金を預かってもらうこととなる。

その預かってもらったお金を自分に送ってもらう時に手数料がかかるわけだ。

上記の表を見てもらえば一目瞭然だが、せどりで代引きを利用するには最も手数料の安い通常振込という方法を使っていかなければメリットが薄れる。

むしろ、電信払込などで手続きをしてしまうと、代引手数料+送金手数料で軽く1000円近くもいってしまうので、大赤字になることもしばしばだ。

通常払込が出来る様に予め振替用の口座を作っておこう。

なお、振替用口座を作るには、銀行印、身分証明書が必要となる。口座が出来上がるまでの期間は約10日間だ。

郵便局の窓口で開設の手続きをし、開設されたら郵送で詳しい書類が送られてくる。

出来るだけ早く口座だけでも作っておくとよいだろう。




代引き対応にすると売れやすくなる?

アマゾンによると代引きの利用は、購入者全体の3割以上もあると言われている。つまり単純計算ではあるが、代引きをNGにしていると多くの見込み客を失っていることになる。

しかも、個人出品での代引きはハードルが高いイメージがあるのと、その手数料の高さから許可しているライバルが少なく、商品によってはその見込み客を全て自分の店で獲得できることもある。

また、値づけについても有利に働く。代引きを利用したい人は多少高くても代引きOKの店から購入する為だ。

アマゾンでは、代引き購入の場合は、代金引換手数料として324円を自動で徴収してくれる。

代引き発送手数料260円+送金手数料140円=400円なので、400円-324円=76円。

つまり+76円以上の値づけをすれば代引きによるデメリットは一切なくなり、むしろ利益が増えることになるわけだ。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ポイント還元率が高いクレジットカードを作ろう
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ