【ネット物販王道ステップ番外編】ポイント還元率が高いクレジットカードを作ろう

この記事は約4分で読めます。



物販ビジネスにおいてのクレジットカードの重要性

ネット物販ビジネスにおいてはクレジットカードのポイント還元率が他のビジネスに比べて非常に重要な要素となります。

仮に、月商250万、利益率25%、利益約60万だとすると、仕入れ金額が月に約200万掛かる計算になります。

月に200万円分の買い物をするわけなので、ポイント1%の違いでなんと年間に24万円もの差が生まれます。

しかも、違いは使うカードの種類というだけで、難易度が変わったり労力が増すわけでもないので、はっきり言ってこの24万円はゲットしなければ大損です。

では、具体的にどのようなクレジットカードが高還元率で物販ビジネスに適しているかを具体的に紹介していきましょう。




楽天ショッピングでポイント還元率2%の楽天カード

テレビCMなどで川平慈英さんが演じる「楽天カードマン」の存在はあなたも知っていると記憶にあると思います。

この楽天カードは、楽天によって作られた楽天ショッピングの為のクレジットカードと呼ぶに相応しいカードです。

一般でのカードポイント還元率は1%なので正直REXカードに見劣りしますが、楽天ショッピングでカードを使用するとなんと2%。

この2%というポイント還元率は、クレジットカード業界の中でも最高レベルと言えます。

電脳仕入などで楽天ショッピングを使用するケースは少なくはありませんので、ネット物販ビジネスに取り組む際は必ず作っておきましょう。

年会費は完全無料です。




業界最高ポイント還元率1.75% REXカード

信販会社大手JACCS提供の超高還元率VISAカード『REX CARD』

物販ビジネス業界で最も有名なクレジットカードです。

この一枚は絶対必須なクレジットカードと言えます。

もちろん、しょぱぞうもしょぱぞうの周囲のビジネスパーソンもこのREXカードをメインカードの1枚として使用してます。

通常のクレジットカードのポイント還元率は0.5~1%が一般的です。

REXカードのポイント還元率1.75%と比べてみると、その差なんと約1%もあります。

先ほどの例でいうと、REXカードを使用しなければ年間24万円以上の機会損失が出ることになりますね。

なお、物販ビジネスをする人はこの1枚では限度額の問題で少し不十分です。
しかし、物販ビジネスをしない一般の人や、アフィリエイトビジネスなどのビジネスパーソンであれば、これ1枚あれば他のカードは必要ありません。

限度額についてですが、発行当初で40万と60万が選べるようになっており、一般カードにしては高めの設定をされています。
さらには発行から3か月たつと利用限度額アップの申請がネットで手軽にできます。
(しょぱぞうは、REXカード作成から1年後には限度額100万円まで上昇しました。)

※ポイント還元率が2015年12月より若干減ります。(約1.5%)

年会費が2500円+消費税かかりますが、これは年間利用50万円以上で無料になる為、あまり気にしなくてよいです。
おそらく物販ビジネスやっているなら50万は、1ヵ月とかからずに仕入れに使用するだろうからです。
仮に、一般の人であっても公共料金の支払いやスマホの支払いなどをREXカードにすれば年間50万は手堅く超えるでしょう。




Tポイントカードにもクレジット利用枠をつけておこう

物販ビジネスを行うにあたって、今のご時世 毎日Tポイントのお世話になることでしょう。

それほど、Tポイントは日本中でその影響力を轟かせています。

また、数年前にヤフーショッピングのヤフーポイントがTポイント提携したことにより、Tポイントの地位は不動のものとなりました。

あて、本題ですが、あなたも恐らく持っているであろうTポイントカードには是非クレジットカード枠もつけておくようにしましょう。

どうせ持ち歩く1枚なのだから、将来に備えてクレジットカード枠をつけておかないと非常に勿体ないです。

しょぱぞうも以前は、TUTAYAのノーマルTポイントカードを使っていましたが、物販ビジネスをはじめるにあたってクレジット枠をつけました。

なお、クレジットカード枠をつける際は、最も利用頻度が高いと想像できるファミマTポイントカードをおススメします。

ファミマTポイントカードは、ファミリーマートの買い物でもポイント還元率が大きく上昇するので(商品による)、非常に活躍機会があります。

※上記と同じ理由で、セブンイレブンのnanacoポイントカードもセブンカードプラスにしてクレジット枠をつけておくとなお良いでしょう。

merumaga

このページの先頭へ