クレジットカードの審査に通らない10の理由

この記事は約11分で読めます。



物販ビジネスにおいてのクレジットカードの重要性については何度も説明してきましたが、実際に申し込みをしてもなぜか審査に落ちてしまってなかなかクレジットカードを手にできない人も多いと聞きます。

クレジットカードを手にできなければ、せどりでのキャッシュフローが安定せずに上手くいかないということも少なくはありません。

そこで、今回は審査に通らない悩みを抱える人の為に、クレジットカードの審査に通らない理由と改善策を10のポイントに分けて説明します。

なお、下記情報についてはクレジットカード審査の専門家の意見を参考に書いてますのでかなり信憑性は高いと思います。




クレジットカード審査に通らない理由1 金融信用を失ってしまっている

クレジットカード会社は、あなたが過去に金融業界においての信用を失うようなトラブルを起こしてないかを第一に審査します。

信用を失うトラブルとは、クレジットカードの滞納、一般ローンの滞納、消費者金融の利用経験など何となく想像はつくと思います。

特に、自分は健全だから絶対大丈夫なはずなのに…という人に限って実は車のローンの滞納を1度してしまっていたりなんてことはよくある話です。

基本的にこの部分に引っかかってしまったら、しばらくは健全に過ごして、信用を徐々に回復させるしかありません。

しかしながら、しっかりと状況を把握して対策をとることはできますので、今回はそこについて説明をしましょう。

実は、信販会社にどれだけ問い合わせても一切教えてくれない自身の社会的信用情報ですが、行政書士に委託することで開示請求をすることができるのです

結婚して子供ができた後に過去の事故歴などでトラブルになっては手遅れになります。

信用情報開示請求委託の費用は1万円前後とそこまで高くはありませんので、今後の人生の為にも1度でもサラ金での借入やクレジット・ローンのご経験のある方はしっかり自分の事故情報を確認することをおススメします。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示請求




クレジットカード審査に通らない理由2 現在、消費者金融を利用している

消費者金融を現在進行形で利用していると高い確率で審査に落ちます

消費者金融とは、アコム、アイフル、レイク、プロミス、モビットなどいわゆるお金を貸してくれる会社のことです。

テレビCMなどもよく行われているので聞いたことは間違いなくあると思います。

ただし、よく「消費者金融」=「サラ金などの暴力団組織だけのことを言う」と勘違いをしている人もいるので、そこは認識を改めておきましょう。

基本的に、消費者金融とは、個人への金銭の貸付け(小口融資)のことであり、最近では大手銀行系の消費者金融商品も多々あります。

なので、決して危ない借金だけが消費者金融ではありません。

実際に現在の日本においては、10人に1人に当たる約1300万人が利用していると言われいますし、身近なものといえるでしょう。

さて、この様に身近なものではありますが、クレジットカードの審査においてはかなりネガティブに働きます。

まあ、現在進行形で現金の借金をしている人にいつでもお金を生み出せるクレジットカードを持たせたくないのはクレジットカード会社としても当然のことでしょう。

もし、あなたが現在消費者金融を利用しているのであれば、まずはしっかりと払い終えてから申し込みを行うとよいと思います。




クレジットカード審査に通らない理由3 一定期間の間に多量の申し込みを行った

クレジットカードの申し込み履歴は共有記録されていきます。

クレジットカードの申し込み記録は先にも述べた信用情報機関に蓄積されていきます。

よって、一定期間にたくさんの申し込みを行っていると、カード会社からすると「何か怪しい」となり、 それを理由に審査に落ちることも珍しくはありません。

特に今までクレジットカードを1枚も持っていなかったのに、せどりを始めたことをきっかけにカード作ろうと思って、たくさん1度に申し込んだりは絶対しない様にしましょう。

まずは、1枚作って、それを使用して実績を作りながら他を申し込むようにしましょう。




クレジットカード審査に通らない理由4 申し込みと解約を繰り返したことがある

特典狙いでの申し込みは審査に落ちます

クレジットカードには、申し込むだけで数千円分のポイントがもらえたり、様々な特典を用意している会社が多いです。

しかしながら何度も述べているように、クレジットカードの申し込み履歴や解約履歴は当然蓄積されていきますので、特典欲しさに申し込みと解約を繰り返すのは絶対にお勧めしません。

クレジットカードは本当に自分が欲しいものをしっかりと厳選して数枚持つようにしましょう。(たくさん作っても、解約しなくてちゃんと使用していれば問題ありません。)




クレジットカード審査に通らない理由5 安定収入が約束されていない

年収500万の個人事業主は、年収300万のアルバイトより信用が低い

クレジットカード作成は信用第一です。

なので、その個人に安定収入があるかどうかは大きな判断材料になります。

ここで重要なのは、収入の額ではなくあくまで、安定的に収入があるかどうかということ。

無職が審査に落ちるのは何となく理解できると思いますが、個人事業主などが審査に落ちやすいのもこの為です。

たとえ月収10万円アルバイトであっても企業に勤めていれば、月に安定して10万円が入ってくるわけで、一気に赤字に転落する可能性がある個人事業主より信用が高まるのです。

もし、あなたが現在副業でせどりをしていて、いづれ独立を考えているのであれば、会社勤めの間にある程度の枚数のカードを作っておきましょう。

また、クレジットカード限度額は、カードごとではなくカード会社ごとに共通化されていることが多いので、「JCB」「VISA」「マスターカード」「アメックス」など違うブランドを最低1枚ずつは持つようにしましょう。

ちなみに個人事業主の場合、納税記録が信用に直結します。

毎年安定した額の納税を出来ておれば、当然ながら一般サラリーマンと同じ信用を勝ち取ることができます。

税金対策として敢えて赤字申告を行っている人も少なくはないと思いますが、当然ながらそのような人はクレジットカードの審査に落ちます。

節税と信用蓄積はバランスが大切なのでうまくやりましょう。

こちらについてはまた別途記事にします。




クレジットカード審査に通らない理由6 引越ししてすぐに申し込む

引っ越し後、半年以上は経ってから申し込みましょう

クレジット会社からすると、引っ越し=「何か」があった と判断します。

その「何か」とは、結婚、昇進に伴う異動、事業拡大に伴う移動などポジティブなことから、夜逃げや高い家賃が払えなくなって安いところに引っ越しなどネガティブなことまで様々なことが含まれます。

つまり、引っ越しして間もない時点では、クレジット会社からしてみても、その「何か」がまだよくわからない状態でカードを発行するのはリスキーなのでリジェクトの可能性が高まるわけです。

引っ越しをした場合は、最適でも半年できれば1年以上経ってからのクレジットカード申し込みをお勧めします。




クレジットカード審査に通らない理由7 職歴が浅い

入社(転職)後、1年以上は経ってから申し込みましょう

引っ越し後すぐの申し込みNGに似ていますが、入社や転職などについても期間をあけること重要となります。

むしろ、引っ越しよりもクレジット会社からすると職業が変わるということはネガティブな要因になり兼ねませんので、 出来れば入社(転職)後、1年以上は経ってから申し込むようにしましょう。

仮に、今あなたが転職を考えているなら、転職前にクレジットカードを申し込むことをお勧めします。




クレジットカード審査に通らない理由8 過去に滞納履歴がある

税金、公共料金、携帯電話など全てにおいて滞納はNGです

理由1で、金融業への滞納が絶対NGなのは説明しましたが、それ以外においても料金支払い系の滞納は基本的にリジェクトの原因となります。

(金融業への滞納は1回でもNGなのに対して、それ以外については数回は猶予があるとされてはいる)

具体的には、携帯代金、電気代、家賃、ガス代、住民税、年金など要因はいくつも考えられますね。

一旦リジェクト対象に入ってしまうと、解消されるまでの期間は1年程度は必要だと言われていますが、あまりにも滞納回数や期間が長くなると最悪のケースでは「永久ブラック」として登録されてしまうこともあります。

こうなってしまうと一生クレジットカードを作れません。

この期間については、各カードの申し込み規約に記載されている場合が多いですので確認してみてください。

ちなみに楽天カードの規約には、「当該事実の発生日から5年を超えない期間(但し、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)」と記載されています。

要は、1年以内に各種滞納があると審査には通りませんよ。ということですね。




クレジットカード審査に通らない理由9 申し込み情報に偽りがある

クレジット会社からするとケアレスミスも虚偽報告も同じ扱いです

クレジットカードを申し込む際は、個人情報はもとより、会社名や会社住所、年収などいくつもの項目を細かく記載し無ければいけません。

性格によっては途中で面倒になってきて、「適当でいいや」と会社住所などに誤った情報を記載してしまったり、年収などをサバ読んで書いたりするかもしれません。

しかしながら、その様な行為は絶対にNGです。

クレジットカード会社からするとあなたとの繋がりはその申し込み用紙1枚が全てです。

その1枚の情報だけを元に何十万円もの投資をするわけです。

そこに虚偽の報告があれば当然ながら100%信用を失い審査に通りません。

また、クレジットカード会社からするとケアレスミスで年収を間違えようが、サバ読んで故意に間違えようが同じ扱いです。

当然、「虚偽報告」となります。

審査申し込み用紙は決してミスがないようにしましょう。




クレジットカード審査に通らない理由10 クレジットカード固有の条件を満たしていない

カード固有の条件を満たしていないと100%審査には落ちます

クレジットカードには、条件というものが存在します。

しかもその条件には、「30歳以上」、「女性限定」、「学生限定」など公開されている条件とは別に、 「年収500万以上」、「大卒以上」、「水商売以外」など公開されていない条件もあります。

こればっかりは、カードによって様々ですので、どうしようもありませんが特殊な条件が付いている可能性があるのはどちらかというとマイナーなカードが多いので、 クレジットカードを申し込むときは、ある程度有名なカードを申し込むのが良いと思います。




あなたの信用情報は本当に修正されていますか?

生活のほぼ全てにかかわる信用情報ですが、実際は貸金業者等が申請したお客様の情報を情報機関が載せるだけであり、情報の登録や抹消について私たちには一切連絡はありません。

その為、借りていた際にどのような事故情報を載せられても自分では気づくことが出来ません。

このようなシステムの為、万が一貸金業者が誤った情報を掲載したとしても信用情報を開示しなければ気付く事すら出来ず、自分の知らない間にお客様の信用が傷ついてしまっていることもあります。

もしそのせいで数年後、ローンの審査が通らなかったとしても手遅れになってしまう危険性もあります。

今後の人生の為に、1度でもサラ金での借入やクレジット・ローンのご経験のある方はしっかり自分の事故情報を確認することをおススメします。

なお、一人でどうこうなる問題ではありませんので、信用情報の開示請求はプロに委託しましょう。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示請求



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ