「物販ビジネスコラム」の記事一覧(2 / 2ページ)

アマゾンFBA納品先の固定方法 | 2015年6月1日からFCを同じに指定しないと大損する

fba-featured

2015年6月1日からFBA納品先がバラバラに別れます! 早速ですが、下記を見て下さい。 アマゾンからのメールで既に確認していると思いますが、2015年の6月からFBAの納品先が大きく変わります。 理由は、関東にある小田原FCが既に許容量を大幅に超えていて、対処不能だからだそうです。 一見、これを見て「お!次からは近くに全部納品できるんだ!ラッキー」と思った・・・

重複アカウントによるアカウント停止 | Amazonに問い合わせてみた

アマゾン

アマゾンでアカウントを複数作成していいのか Amazonを利用して、商品を販売する際、アカウントは1人につき1つしか使用してはいけないというルールがあります。 販売用と購入用で2種類のアカウントを持つ事は許可されています。 あくまで、購入用を複数、販売用を複数を持つ事を禁止しています。 どうやってAmazonは重複アカウントに気づくのか? 今回は、アマゾンさ・・・

夏物商品、冬物商品など季節ものを狙うのはせどり物販ビジネスで重要

物販

季節もの商品の重要性 物販ビジネスにおいて、季節もの商品を狙っていくのは非常に重要です。 特に、夏物や冬物といった定番商品はかなり売れます。 また、海外物販ビジネスをしている人にとっては、日本が冬のときに夏の地域などに商品を出せるので、メリットがでてきます。 何故かというと、日本が冬のときは、その年の夏に売れ残った日焼けオイルが安売りしていたりするからです。・・・

せどりは利益率の計算で全てが決まる | 単利と複利を把握して稼ぐ力を

物販

利益率とは 今回は、利益率から考える仕入れ基準というテーマで記事を書こうと思う。 本来、仕入れ基準は、アマゾンのランキングやトレンドなど「利益率」以外からも当然考察していく必要がある。 しかしながら、やはり「利益率」は1番大きな要素といって過言ではない。 では、そもそも利益率というのは何だろうか?時々、計算の仕方が間違っている人がいるので記載しておきたい。 ・・・

amazonの代引き出品で自己発送者がトクする理由

物販

各運送業者の代引き対応状況 FBAを利用すればチェックを入れるだけで簡単に代引き対応となるが、個人出品の自己発送で代引きを導入するには最初に少なからず手間がかかる。 しかしながら、その手間を一度かければその後は通常の宅配と同じ様に利用できるので、是非早めに手間をかけておこう。 では、まず始めに代引きを今後利用していく業者の選定だ。この記事のタイトルにもあるよ・・・

nanacoポイントがカードに反映されない | センターお預り分に要注意

unnamed

nanacoポイントの確認方法 今現在、自身のnanacoポイントがどれだけ貯まっているかを確認する方法。 https://www.nanaco-net.jp/index_pc.htmlから、「会員ログイン」をクリックして、持っているnanacoカードの裏面の番号を入力しましょう。 (nanacoカードは持っていなくて、nanacoポイントネット会員の人もこ・・・

アマゾンfba初心者に料金や保管料など5つのメリットを分かり易く解説

物販

メリット1.商品が断然売れやすくなる FBAを利用する最大のメリットはなんといっても商品が売れやすくなることだ。 しかも、自己発送に比べて1割以上高く売れてしまうのもざらである。 ではなぜ、FBAはそんなに売れやすいのか? 一つ目の理由として挙げられるのが、Amazonプライムへの対応だ。 アマゾンにはamazonプライム会員というのがあって、 年間3900・・・

クレジットカードの審査に通らない10の理由

物販

物販ビジネスにおいてのクレジットカードの重要性については何度も説明してきましたが、実際に申し込みをしてもなぜか審査に落ちてしまってなかなかクレジットカードを手にできない人も多いと聞きます。 クレジットカードを手にできなければ、せどりでのキャッシュフローが安定せずに上手くいかないということも少なくはありません。 そこで、今回は審査に通らない悩みを抱える人の為に・・・

Amazon自己発送3つのポイント | FBAにはない自己発送の魅力

物販

1.発送種別を徹底俯瞰し理解する せどり初心者や、経験者であってもFBA多用者は自己発送の知識が少なく損をしているケースが多い。 まずは、発送といってもどのような方法(種類)があるかを徹底理解しておこう。 よく使うものをまとめてみた。 【ヤマト運輸】 メール便 82円 1cmまで 164円 2cmまで 宅急便 サイズと距離による 60-160サイズ ヤマト便・・・

このページの先頭へ