せどりのビームでおすすめはKDC200!使い方、設定方法、価格など徹底解析

この記事は約5分で読めます。



せどりの必須アイテムを紹介

ビームを使って効率的に仕入れをおこなう

ビームを使ってせどりをする
せどりをおこなうにあたり必須アイテムとなってくるのがビームです。

ビームとは商品のバーコードを読み取り、携帯のアプリと連動させて使用します。

スーパーなどのレジで使用されているのもと原理は全く同じです。

ビームを使用することで、その商品がAmazonでいくらで売られていていくら利益がでるのか一瞬で調べることができます。

ビームがなくても携帯アプリでバーコードを読み取ることはできますが、うまく読み取れなかったり読み取りに時間がかかったりと効率的ではありません。
ある程度、経験を積んできたらビームを購入することをおすすめします。

特にビームは本せどりやゲームせどり、ワゴンのリサーチなどでその力を発揮します。

商品の数が多ければ多いだけビームが活躍することは間違いないでしょう。

リサーチの時間を短縮することでリサーチ点数を増やすことができ、結果利益の出る商品を多く見つけることができるというわけです。

中堅せどらーになるとビームを持っていない人はまずいないのではないかと思います。

ここではおすすめのビームやその使い方、設定方法、価格などを徹底解析していきたいと思います。

せどりでビームは必須。ビームを使用するのとしないのとではライバルと大きな差が開きます。ある程度経験を積んできたらビームを購入して効率的に仕入れをおこなっていきましょう。

 

代表的なビームとその価格

ビームには様々な種類があり、種類によって価格も大きく異なってきます。

多くのせどらーに愛用されている代表的なビームにはKDC20、KDC200、KDC200i、MS910などがあります。

在庫切れをしてなければどれもAmazonで購入することができます。

販売価格はMS910が最も安く14000円前後で購入することができます。

次にKDC20が安くこちらは30000万円前後の価格です。

その次に安いのがKDC200で37000円前後。

最も高いのはKDC200iでこちらは43000円前後で販売されています。

ビームは意外と高価です。しかしビームを使うのと使わないのとでは効率が全く違います。未来への投資と思って是非購入することをおすすめします。

 

おすすめのビーム

KDC200がおすすめ
前述したようにビームには様々な種類が存在します。

そんな中でも最もおすすめするのはしょぱぞうも愛用しているKDC200です。

価格は37000円前後と少しお高めですが、バーコードの読み取りがスムーズですし、設定も簡単です。
手にフィットする感覚やスタイルなども申し分ありません。

KDC200は、KDC200iのようにiPodやiPadには対応していませんがスマホでリサーチする方がほとんどだと思いますのでこちらで十分だと思います。

実際に有名なせどらーの多くがKDC200を愛用しています。

少し前まではSM910も同じくらいの人気を誇っていましたが今ではKDC200が主流になってきています。

最初は価格を抑えたいという人はSM910でも問題はありませんが、小さなバーコードを読み込めないという弊害が多く起こっています。

どんな商品でも安い物には訳がありますね。

ユニテック・ジャパン MS910ワイヤレスCCDスキャナ、ポケットタイプ MS910-CUBB00-SG
小型・軽量 データコレクタ KDC200 【Bluetooth搭載】 照合アプリ付き

おすすめのビームはKDC200。こちらを使ってライバルと一気に差をつけましょう。KDC200を使用するだけで効率が上がるだけでなくハクもつくかもしれません。

 

 

ビームを使用するには

アプリをインストールする

アプリをインストールする

ビームを使用するにはスマホでアプリをインストールする必要があります。

iPhoneの人は「せどりすと」。
Androidの人は「せどろいど」というアプリをインストールする必要があります。

どちらも有料版のせどりすとプレミアムやせどろいどプレミアムというものもありますが最初は無料版のもので問題ないと思います。

売上げが安定してきたら有料版に切り替えれば十分です。

 

ビームの設定をおこなう

ビームの設定を行う

アプリをインストールできたら次はビーム自体の設定をおこなっていきます。

こちらは商品によって設定方法が異なります。

SM910は比較的設定が難しいようですが、KDCに関しては比較的簡単に設定が行えます。

どちらも商品に説明書が付属されていますので、そちらを参考に設定を完了させてください。

説明書でわかりにくい場合は「ビーム 設定 動画」などで検索をすると動画でのマニュアルが存在します。

説明書よりも動画の方がわかりやすいと思いますので、是非参考にしてみてください。

この設定が完了すればあとはビームとスマホをBluetoothでペアリングしすることでインストールしたアプリにビームで読み取ったバーコードを反映させることができます。

初めて携帯にバーコードが読み込まれて表示されるときは感動です。

これでどんな初心者の方でも間違いなくリサーチの量はビームを使用する前の2倍になることは間違いありません。

うまくいけば仕入れる量も2倍にできるチャンスです。

ぜひ、バーコードを活用して効率的に仕入れを実践してください。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ