アマゾン納品先FBA倉庫の指定料金 | 固定料金課金10月21日スタート

この記事は約1分で読めます。



FBA納品先指定がついに有料化

2015年6月から突如始まった、FBA納品先倉庫がバラバラになるという問題。

それを解消するための唯一の方法がアマゾンへ連絡をして納品先倉庫を指定するという方法でした。

納品先の指定方法についてはこちらの記事を参照

しかし、今まで無料だったFBA倉庫の指定が、ついに有料化されると決定されました。




FBA納品先指定の料金

さて、気になるアマゾンFBA納品先倉庫指定の料金ですが、課金方法は商品1件ごとに決定しました。

詳細の料金は

小型商品 5円
標準商品 8円
大型商品 9円

です。

平均的な商品のサイズが標準サイズとして、月に300アイテムを販売した場合2400円のFBA倉庫指定料金が発生する計算となります。

もちろん、今まで無料だったものが有料になるので出費としては痛手ですが、実際のところ納品先指定により、搬入先の倉庫を一括にまとめられるので、我々からすると6月以前のシステムよりプラスだと感じます。

6月以前は、大型は大東倉庫、標準は鳥栖倉庫、メディアは小田原倉庫のような状態だった為、混合納品ができませんでした。

それが、月2400円程度で同じ倉庫にまとめて納品できると考えると、間違いなく経費的にも得する計算となります。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ