【ネット物販王道ステップ1-1】国内アマゾンの販売用アカウントをつくる

この記事は約4分で読めます。



アマゾンの販売力は最強

ネットビジネスに興味があり、この記事を読んいる人でさすがに「アマゾン」を聞いたことがない人はいないと思います。
おそらく、日頃からインターネットをしている人であれば、商品を売ったことはないにせよ、買い物をしたことはあるはずです。

実際このアマゾンのネットショップとしての規模は日本最大で、ヤフーショッピングや楽天ショッピングなどと比べても比較にならないほどのユーザーが買い物をしています。

その為、アマゾンの販売力が極めて高いものがあり、恐らくあなたの想像以上でしょう。

ネット物販王道ステップ1では、この日本国内アマゾン(amazon.co.jp)を販路に物販を行い、「商売ということ」、「稼ぐということ」を体感してもらいます。




販売用と購入用アカウントは別々にしておこう

さて、実際にアマゾンで販売を行うにあたってまず初めに行わなければいけないのがアカウント作成です。

仮に、あなたがすでにアマゾンの購入用アカウントをもっていたとしても、ここでは販売用として新規のアカウントを作っておきましょう。

最初は一つでもいいのですが、売上が上がってきて独立などをする場合、間違いなくプライベート用と事業用のアカウントは確定申告の観点から分けておいたほうがよいです。

やるからには、あまり儲けたくない人は少ないと思います。
稼ぐ気で始めるなら、しっかりと先を見据えた行動をしておきましょう。




アマゾン販売用アカウントの出品形態

- 大口出品 小口出品
月間登録料 4900円 0円
基本成約料
※1件につき
0円 100円
商品新規登録 ×
一括出品ツール ×
注文管理
レポート
×
提供できる
決済方法
クレジットカード
Amazonギフト券
Amazonショッピングカード
コンビニ決済
代金引換
Edy払い
銀行振り込み
クレジットカード
Amazonギフト券
Amazonショッピングカード
ショッピング
カート取得
×

アマゾンの販売用アカウントを作成して、出品者登録をする際に、出品形態というものを決定しなければなりません。

二つの出品形態を比べると、金額だけでの比較をすると、基本成約料の観点から月に販売する商品数が50以上であれば「大口出品」の方が有利となります。

しかし、正直なところ実際にこの出品形態は比較するに足りません。
なぜならば、「小口出品」ではライバルたちと戦っていけず、稼ぐことができないからです。

ネット物販を行う目的として、当然お金を稼ぐというものがありますので、稼げない出品形態で出品者登録をすることは本末転倒です。

稼げない理由を少し説明しておくと、「ショッピングカート取得権利」の有無が大きな影響を及ぼします。
ショッピングカートは、アマゾンでの売れ行きを大き左右するもので、カートをとることが出来なければほとんど売れないと言っても過言ではありません。

なにはともあれ、あなたが本格的にせどりを初めようと思っているのであれば、「大口出品」にしておくことをお勧めします。

特にアマゾンは、この大口出品月間手数料を最初の3ヶ月無料をずっとやっているので、最悪3か月で変更すれば実質0円で始めることができます。
※大口と小口の変更は管理ページから1クリックで変更できます。




販売者の名前を考えよう

販売用アカウントを出品者登録する際に、出品者の名前を決める必要があります。

この名前というのは、実際のあなたの名前でも○○書店のような名前でも構いません。

しかしながら、少し考えると分ると思いますが、

・Ken’s電気
・ken select
・しょぱぞう書店
・しょぱぞう

の様な状況になった場合、顧客心理が働き本名(個人名)ではとてもじゃないですが売れ行きが芳しくなくなると思います。

また、名称は出来るだけあなたが販売する予定の商品のジャンルを想像させるものにしましょう。

雑貨をメインに扱う予定であれば「○○セレクトショップ」
家電をメインで扱う予定であれば「○○電気」

などが良いでしょう。

また、英語のみの店名は年配の人にとっては怪しさを醸し出す可能性があるので避けておいたほうが無難でしょう。




実際にアカウントを取得する

販売用アカウントの取得登録手順は以下のようになります。

①アカウント自体の取得
②そのアカウントを出品者登録

①については、購入用アカウントを取得するのと全く変わりありません。

Amazon.co.jpアカウント新規登録はこちらから
Amazon.co.jp出品者登録はこちらから



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ポイント還元率が高いクレジットカードを作ろう
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ