【ネット物販王道ステップ4-1】海外アマゾン(アメリカ)のアカウントをつくる | W-8BENとペイオニアが日本と違う部分

この記事は約11分で読めます。



アマゾンで輸出や輸入にチャレンジする

ネット物販王道ステップを

国内アマゾン → 国内ヤフオク → 海外ebay と順当に進めてきた人であれば、物販ビジネスについてはかなり熟練してきたと言えます。

むしろ、全てを一人で処理しきれなくなってきている頃ではないでしょうか。

実際に、サラリーマンが副業として行い月収50万以上稼ぐにあたっては、ebayまで行えば十分であると感じます。

海外アマゾン輸出では、無在庫で大量に出品するにしろ、FBA転送業者と契約をして正式に在庫有りのビジネスをするにしろ結構な労力がかかります。

また、無在庫と言っても、出品した時と売れた時のその商品の購入相場が変わっていることをしばしばで、日々商品相場チェックを欠かさずに行わなければ大変なことになります。

一部ツールなどでそれを支援してくれるものはありますが、結局のところは人の目で行わなければならないことが多いです。

よって、あなたが既に独立していてある程度の時間と資金(人を雇うなどを含めて)に余裕がないのであれば、ネット物販王道ステップのebayまででストップしておいた方がよいと思われます。
(ただし、アマゾン輸入はどちらにせよチャレンジしておいた方がよい)

現に、しょぱぞうもサラリーマン時代はネット物販ビジネスに関しては、ebayでの輸出までしか行っておりませんでした。

別のステップでもお話ししようと思いますが、ある程度の月収を稼げるようになったら複数の柱を持つ意味でも、物販ビジネスは今まで通りを継続し、新しい力はアフィリエイトへ注ぐことをおススメします。

私の場合は、アフィリエイト → 物販でしたが、アフィリエイトにもしょぱぞうが考えるアフィリエイト王道ステップが存在するので、逆でも全く問題ありません。




アマゾン米国のアカウントを作る

さて、この章の本題について説明していきます。

まず、アマゾン輸出や輸入を行うには、国内で使用していたアマゾンのアカウントではなく、海外用のアカウントを作成する必要があります。

海外用といっても、アマゾンは アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリスなど様々な国に展開しています。



amazon-kaigai

これは、国内アマゾンのサイトのフッター部分のキャプチャですが、2015年3月現在でこれだけの国へ進出しています。

あまりに多すぎてどこの国のアカウントを作ればいいのか…

と悩んでしまいそうですが、実はアマゾンのアカウントには不思議な事実があります。

それは、日本と中国以外は全て共通アカウントであるということです。

具体的に言うと、サイト自体はそれぞれの国ごとに当然存在します。

amazon.co.jp
amazon.com
amazon.cn
amzon.uk

などです。

しかし、使用するアカウントについては

amazon.co.jp と amazon.cn 以外では全て amazon.com というアカウントが使用できるのです。

つまり、一旦 中国は置いといて、あなたが amazon.com のアカウントさえ作成してしまうば、イギリスであってもスペインであっても購入ができるのです。

※出品(輸出)に関しては国ごとにアカウントを作成する必要があります。

よって、まずはどちらにせよ色々な国から輸入できる環境を作る為に、海外アマゾンの購入用のアカウントを amazon.com で作りましょう。

また、輸出も試してみたい人は、日本人セラーが多く学びやすい同じく amazon.com(アメリカ)から始めることをおススメします。

もちろん、インドなどアマゾンが進出したばかりの国はライバルが少なく大きく稼げると予想できますので、現地語が分る人などはそちらからの方が良いかもしれません。




アマゾン米国の購入用アカウントの作成方法

アマゾン米国のアカウントの作成方法は、基本的に日本アマゾンでのそれと同じです。

一部、プルダウンメニューが違ったりはしますが9割がたは同じと思ってよいです。

なので、アマゾン日本とアマゾン米国を両方画面に出して見比べながらアカウントを作成していくと良いでしょう。

基本的な流れは下記の様になります。



①新規アカウント作成を選ぶ


amazon01

アマゾン米国(amazon.com)のサイトに行き、右上にある「Your Account」にマウスをのせます。

すると「New customer?」という部分がありますので、その横の「Start here」をクリックします。



②必要な情報を入力する


amazon02

すると下記の様な画面に推移しますので必要な情報を入力しましょう。

My name
名前を「名」「性」の順に入力
e-mail address
自分のメールアドレスを入力
Type it again
もう一度メールアドレスを入力
phone number
電話番号。「09012345678」の場合「+819012345678」

そして、残りの2段は「パスワード」と「パスワードの確認」です。



③クレジットカード情報を入力する

アカウントが出来たら続いて購入する際に使用するクレジットカード情報を入力します。

①の画像にある「Your Account」をクリックします。

次に先ほど作ったアカウントのメールアドレスとパスワードでログインします。

するとアカウントの詳細ページに入れます。



amazon03

ここで、「Add a Credit or Debit Card」を選びあなたのクレジットカード(デイビットカード)を登録しておきましょう。



④配送先の住所を登録する

先ほどのアカウント詳細ページで次は「Add a New Address」をクリックします。

そこに住所を登録しましょう。

なお、住所の英語表記についてですが、下記の画像を参考にしてください。



amazon04

住所を登録したらこれで終了です。

購入の仕方は、日本と同じで商品を選んでカートに追加していくだけです。

なお、アマゾン米国の出品者には日本への発送を行っていない業者も多々います。

先に住所を登録しているので、もし発送不可の場合はカートに入れた時点でアラートがでます。




アマゾン米国の販売用アカウントの作成方法

アマゾン米国の販売用アカウントの作り方ですが、まずは購入用アカウントと同じように「新規作成」→「クレジットカード登録」→「住所登録」を終わらせます。

その後、そのアカウントを「出品者登録」する流れとなります。

出品者登録は日本アマゾンとほとんど同じです。

「小口出品(Individual)」「大口出品(Prefessional)」の2種類がありますので、まず最初は無料の「小口出品(Individual)」で登録をしアマゾン米国のセラーセントラルなどに慣れることをおススメします。

そして、本格的に参入となったら日本と同じように「大口出品者(Prefessional)」へ切り替えてください

アマゾン米国の出品者登録はこちらから

なお、出品者登録を終えた後、日本にはない作業を二つする必要があります。

それは「W-8BEN」という税務申告をしなければならない点 と 「アメリカドルを受け取れる現地の銀行口座」を登録するという点です。




W-8BENについて

W-8BENとは、一言でいうと「私は日本で税金を納めるのでアメリカには納税しませんよ」という書類です。

税金ときくとかなり難しい感じがしますが、実際には流れに身を任せて登録していくと誰にでもできます。
(税理士さんなどに頼む必要はありません)



①「Seller central」→「Settings」→「Account info」に進む



amazon05



②「Legal Entity」→「Launch interview wizard」をクリックする



amazon06



③画面に従って進めていく

アマゾン米国のこれ以降の画面については頻繁に変わっているので古い情報とならないように文章で説明します。

あなたが開いている画面にあわせてみてみてください。

まずは、これからインタビューをはじめますけどいいですか?のような画面が表示されますので、「Start Interview Wizard」のようなものをクリックしましょう。

続いて、いくつかの質問に答えさせられます。

I consert to providing my electronic signature.
(電子署名を提供することに同意しますか?)

I consent to electronic receipt of my information reporting documentation.
(電子書類を受け取ることに同意しますか?)

これらのように「consert to(同意する)」がついた文章には「Yes」をチェックし、次へ進みましょう。

日本のシステムにもよくある同意しないと進めないというものです。

次に、「Tax Status」の画面に推移します。

ここでは、「あなたがアメリカ国民」「あなたがアメリカの法人」のどちらかであるか?を聞いてきます。

これに対しては「No」を選んで次に進みましょう。

すると、あなたの名前や住所を聞かれますので、アカウントを作った時と同じように記入していきます。

そしたらついに、W-8BENの電子書類画面がでてきますので、先ほどあなたが入力した名前や住所が正しく反映されていることを確認した後

「Signature of beneficial owner」のところにフルネームを入力、「E-mail address」にメールアドレスを入力して「Submit W8」をクリックします。

セラーセントラルの「Legal Entity」のところの「Tax identity information」が「Validated」になっていれば成功です。




アメリカの銀行口座受け取りについて

結論から言うと2015年現在 法人で無ければアメリカの銀行口座を作ることはできません。

唯一、三菱東京UFJ銀行にMUFG Union Bank, N.A.(ユニオンバンク)というサービスがあるのですが、こちらは個人用としての利用以外は認められていませんので、アマゾン輸出に使用した場合は口座を凍結される恐れがあります。

では、アマゾン輸出は個人では出来ないのか?というとそうではなくて、Payoneer(ペイオニア)というサービスを使用してアマゾンの売上を受け取る方法があります。

Payoneerは、ebayで使用したPaypalの様なもので、アマゾン米国の売上を代わりに受け取ってくれ、それを仲介して日本の私たちの銀行に振り込んでくれるというサービスです。

しょぱぞうはPayoneerの公式メンバーなので下記の紹介ページから申し込みを行うとスムーズです。

Payoneer公式ページはこちらから(日本語対応ページ)

ペイオニアのアカウントを作成したら、「Bank of America」という銀行の口座番号を手に入れることができるので、それをアマゾンのセラーセントラルに登録します。



物販ビジネスで成功するため早めに読んでおきたい記事

【ネット物販王道ステップ番外編】
ポイント還元率が高いクレジットカードを作ろう
ハピタスを利用して買い物ついでにお金を稼ごう | ポイントサイトを知らないと損する時代
プライスターで一気に売上アップ | アマゾン販売必須ツール

merumaga

このページの先頭へ